事業内容

目次

  1. 対象となる方
  2. なにをするか
  3. どのようにするか

対象となる方

わたしは、「魅力的なサービスや商品があるのに伝えるべき対象に訴求できていない(あるいは、これからしたいと考えている)」お客様に手をさしのべたいと考えています。結果的に、経営資源が限られている「小さな会社や団体あるいは個人」が対象となっています。
ただ、私の興味は「個」にありますから、規模や業種などの縛りはまったくありません。次のようなジレンマを感じていらっしゃる場合は、ぜひお話を聞かせてください。

  • ホームページをつくりたいけれど、どうしたらよいのか分からない
  • 今と違う客層にサービスや商品を知ってもらいたい
  • サービスや商品を多くの人に知ってもらいたいけれどできていない
  • ホームページはあるけれど問い合わせのメールや電話がほとんどない
  • ホームページのちょっとした更新にものすごく時間をかけてしまっている
  • ホームページの文字を少しだけ変更したいけれど業者に申し訳なくて放置している
  • ホームページの制作会社にメンテナンスを頼んでいるけれど不満(レスポンスが悪い・費用が高い)
  • ブログを書く仕組みはあるのに書くことができない(続けられない)
  • ホームページのお知らせをブログで書けるようになっているけれどログインすらしたことがない
  • 社内にWebの知識がある人がいない(理解されない・期待されない・評価されない)
  • Facebookを活用してみたいけれど、よく分からないし聞ける人もいない
  • Webやインターネットについて、気軽に相談できる人がほしい
  • 自社のホームページがどれくらい見られているかも把握していない
  • 会社のホームページがイマイチだと思っているけれど誰が担当しているのかすら分からない
  • 社内にある顧客情報をうまく活用できていない(リピート施策ができていない)

なにをするか

1.Webサイトの運営を柱にした企業の広報活動支援

Webの活用ができていないお客様に対して、地道な運用による広報支援を行います。コンサルティング会社のようにノウハウやツールを提供するだけでなく、また制作会社のように納品を目的にすることなく、サイト全体の企画制作から日々のデータ入力レベルの些細なことまで、実際に手を動かしながら運営をお手伝いするのが特徴です。

2.各種広報物制作

Web関係だけでなく、名刺、年賀状、チラシ、リーフレット、パンフレット等の紙の制作物やポスターやタペストリーなどの装飾ツールなども制作します。

3.Webメディア(ブログ等)運営

個人ブログや団体のサイトなどを運営しています。

どのようにするのか

お客様の要望や期待を尊重しながら、私にできる方法でお客様の課題解決のプロセスを支えます。

具体的な施策を羅列すると、ちょっと長くなりますが……

新しいWebサイトをつくる、今あるWebサイトをリニューアルする、Webページを追加する、テキストや写真を差し替えるなどWebページの一部を修正する、取材をしてブログを書く、お知らせを更新する、Facebookページの設定をする、Facebookに投稿する、Twitterに投稿する、SNSでシェアして拡散させる……といったWebサイトまわりの施策。動画をつくったり、PRサイトなどを使ってプレスリリースをうったり、PPCやリターゲティング広告の戦略を考えたりすることもあるでしょう。細かいことをいえば、ブログに届いているコメントやFacebookページに届いているメッセージへの返信を促したりもします。

パンフレットをつくる、チラシ・リーフレットをつくる、カタログをつくる、今あるカタログのWeb版をつくる、新聞・雑誌などの広告をつくる……などの紙媒体もOKです。極端なハナシ、他の業者さんがつくったパンフやチラシへのアドバイスもします。それでいい結果につながるなら、わたしに発注していただく必要もありません。

ほかには、展示会に出展するために、看板をつくる、タペストリーをつくる、ポスターをつくる、のぼりや旗をつくる、お揃いのTシャツやポロシャツをつくる、会場で配布するノベルティをつくる、名刺を新調したりQRコードが付いたカードをつくる……といったイベント施策も必要になることもあるでしょう。採用関係でいえば、自治体や商工会などが主催する無料の合同説明会で使うツール制作はよくあるパターンです。

持っている顧客情報を活用できていないのならば、メールを送る、メルマガを配信する、DMを送る、その準備が整っていなければデータベースを構築したり、場合によってはCRMを導入したりもすることもあるでしょう。クラウドの時代になり、便利なWebサービスが次々と登場します。お客様のビジネスに合うツールがあればご紹介します。

想像していただきやすいように、あえて作業内容を列挙しました。ただ、制作会社ではないので制作物の納品をゴールにしません。つくっては振り返り、つくり直してはまた振り返って……というように、お客様と共にお客様の事業を前に進めていきます。

仕事のスタイル

よくある仕事のスタイルをまとめましたのでご覧ください。