考えていること

そのページを見ると「答えやヒントが得られるか」が大事。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webの仕事をしているとアクセスアップの施策として「SEO」がどうのこうのという話になります。ところが実際の話、十数ページ程度の規模でアクセスも一日数十程度、予算もなく人手もかけられないサイトで、“いわゆる「SEO」”について考えても意味がありません。

そんなことより大事なのは、

  • 見てほしい人にページを見つけてもらうこと。
  • ページを見た人が求めていた答えやヒントを得られること。

これに尽きます。

この観点で考えれば、言葉探しの「SEO」ではなく、顧客視点にたったコンテンツの充実の大切さに気がつくことでしょう。

どんなワードが人気なのか、競合サイトのキーワードは何か、どの言葉の組み合わせが狙い目なのか………など、ちっちゃなサイトには関係ありませんし、むしろその土俵、その手法で戦っても大きなサイトには勝てません。

もっともっと「自分(自社)と自分の顧客」のことを突き詰めて、ひたすら手を動かす(Webサイトをメンテナンスしていく)ことが、“必要なアクセス”のアップにつながるのだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webサイトみながら、商売のハナシをしましょう。

貴社のホームページをみながらビジネスのハナシをしませんか? 困っていること、モヤモヤしていること、「本当はこうありたい」という姿など、商売の話を聞かせてください。ホームページは誰が制作したものでも構いません。まずは、ざっくばらんに夢のある未来の話をしましょう。


お問い合わせページへ

コメントを残す

*