cotoyroのスタンス

もしかして「ワークアズライフ」なのかな?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、自分がフリーランスとして活動してるからというわけではなく、サラリーマン時代から「ワークライフバランス」という考え方に共感できませんでした。

仕事とプライベートを分けて考えることが、自分にはなじまなかったからです。

組織を出て、個人で仕事をし、さらに主な仕事場が自宅という状況にある今は、もはや本当に仕事も日々の暮らしの中の一部分でしかありません。時間の使い方も、何をするかという選択も、基準は自分の価値観に沿って行っています。

これが落合陽一さんのいう「ワークアズライフ=人生としての仕事」なのかな。いや、ちょっと違うかな。

いずれにしても、生活のために会社に行って仕事をして、休日をプライベートにあてて仕事で得たお金で楽しむ…という人生のスタイルは、もう長くはもたないんじゃないかなぁ。根拠はありませんが、そんなふうに思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*